ANOTHER BRICK IN THE WALL

「ボラバイト」から「奉仕活動の義務化」へ

「苦労」語れなくて、若者のノンプア・コンプレックスの壁(AERA:2005年12月19日号)という記事が一部で反響を呼んでいる。
内容といえば、中年オヤジは浪花節的な話が好きでそのような「ネタ」を持っていないと「苦労」するという何とも馬鹿げた話だ。

これが厄介な話で、「中高一貫の私立校から私大へ。1年間、アメリカ留学」という「スマートな」苦労ではダメ、いじめ、うつ病などといった「生きづらさ」的苦労では人前でい言えなくてダメ、「ネタ」のため交通費を自分で負担して、北海道の酪農家などに農業支援に行ったりする「ボラバイト」といった苦労「ネタ」を買って手にしなければならないというのである。
さらに厄介なのが
時代が求めるのは「克服できる苦労」なのか。そこには階層化が見え隠れすると指摘する声もある。放送大学の宮本みち子教授は言う。

 「豊かな社会になった現代では、大人が責任を持って、苦労を与えない限り、苦労を味わうことはできない」

 宮本さんが言う「与える苦労」とは、親元からわざと離す、地域社会活動に参加させる、などだ。

 「でも、そうした経験ができるのは、社会に関心があり、教育にも熱心な両親を持ち、金銭的にも余裕のある家が多い。そんな階層の固定化まで起きているんです」

階層化の話まで及ぶのである。

この話、単に階層化の話で留まらない怖さがある。何が怖いのかと言えば、ボラバイトできるような余裕のない者はどうするのだという話になった場合に、不公平がないよう、みんな「平等」に「苦労」させればいいじゃないかということになることである。つまりは、「奉仕活動の義務化」へなし崩し的に進むことである。
最近、はやりの中学で行われている職場体験についても「奉仕活動の義務化」につながるものであるという批判があるが、「コミュニケーション能力」の学習のためとか「職業意識」の高めるとめとか口実をつけて本当に導入されかねない危険性がある。

それにしてもまったく批判精神のない記事だ。こんな「浪花節」で人を評価してよいのか、もっと客観的に評価するべきでないかとか問題提起できないのであろうか。中年オヤジに振り回される若者が哀れではないか。
[PR]
by coma79 | 2006-01-30 20:26
<< 開き直り 治安「悪化」と「格差」社会 >>



「要するにそういうこと(死球)があれば、命をかけてマウンドに走り、そいつを倒したい」by清原
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
askjolene[ur..
by dore at 21:09
curlyhairsty..
by mocha at 16:05
pageanthairs..
by john at 14:10
hi people
by manolo at 15:47
what is goin..
by Alka at 15:34
nice site. f..
by Jordan at 03:08
nice site. f..
by Jordan at 02:33
nice site. f..
by Jordan at 02:23
これはすごい体力向上です..
by peet at 08:35
最新のトラックバック
図書館から借りてきた本
from フリーターが語る渡り奉公人事情
これから読む本
from フリーターが語る渡り奉公人事情
闇の仕事ーー脱開発主義
from フリーターが語る渡り奉公人事情
2冊の新書ーー流動性のな..
from フリーターが語る渡り奉公人事情
ご都合主義の格差社会論
from 雑誌定期購読!!雑誌いろいろ..
OFFについての覚書ーー..
from フリーターが語る渡り奉公人事情
プレカリアート・オフ!ー..
from フリーターが語る渡り奉公人事情
鳥居徹也氏の詭弁に腹が立つ
from TNKソフトウェア
ジニ指数って、ちょっと問..
from 役立つ情報のジオログ
下流社会 / 三浦 展
from アマオケ_ホルン日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧