ANOTHER BRICK IN THE WALL

開き直り

小泉内閣メールマガジン 第220号 [らいおんはーと ~ 小泉総理のメッセージ]より
(強調部は引用者による)
最近よく、「勝ち組」「負け組」という言葉を耳にします。確かに難題に挑戦すれば、うまくいく人とそうでない人が出てくると思います。しかし、「負け組」だからといって卑下することはありません、難しい問題に挑んだことは立派なことだと思います。「負け組」と言われている人々にもこれからチャンスをいっぱい提供して、一度や二度失敗しても再挑戦することができる社会にしていかなければならないと思っています

 むしろ、「勝ち組」「負け組」のほかに、挑戦しないで待っている人「待ち組」がいると思います。そういう人々も、持てる力を存分に発揮し、一人ひとりの創意工夫を活かすことができる社会にしなくてはなりません。そして、どうしても自分の力ではできない人に対しては、お互いに助け合う、持続可能な社会保障制度がしっかり支える社会、そういう社会の実現をめざして、これからも改革を進めてまいります


経済格差悪くない、小泉首相が答弁=「ねたむ風潮慎むべき」-参院予算委(時事通信)
(強調部は引用者による)
小泉純一郎首相は1日午後の参院予算委員会で、構造改革に伴う経済格差拡大への批判が強まっていることに関し、「わたしは格差が出ることは悪いこととは思っていない」と答弁した。その上で「ようやく今、光が見えてきた」と景気回復の成果を強調する一方、「光が見え出すと影のことを言う(人がいる)。影に対し、どうやって手当てをしていくかが大事だ」と述べ、経済的弱者にも配慮する姿勢を示した。自民党の市川一朗氏が「改革一本やりでいいのか」とただしたのに対し、答えた。
 一方、社民党の福島瑞穂氏は「貧困層が増えているという認識はあるか」と、社会構造の現状認識をただしたのに対し、首相は「ますます増えているとの認識はない。どの時代でも成功した人と成功しない人がいる」と述べた。
 さらに、首相は「貧困層をなくす対策と同時に、成功をねたむ風潮や能力のある人を引っ張る風潮は厳に慎んでいかないと、社会の発展はない」と答えた。 


・・・コメントのしようがない。こういうのを開き直りと言う。
コメントの変わりに一冊本の紹介
不安大国ニッポン 格差社会の現場から
朝日新聞経済部 / 朝日新聞社
ISBN : 4022614943
スコア選択:
[PR]
by coma79 | 2006-02-02 20:20
<< 女性とうまく付き合えない男性を... 「ボラバイト」から「奉仕活動の... >>



「要するにそういうこと(死球)があれば、命をかけてマウンドに走り、そいつを倒したい」by清原
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
askjolene[ur..
by dore at 21:09
curlyhairsty..
by mocha at 16:05
pageanthairs..
by john at 14:10
hi people
by manolo at 15:47
what is goin..
by Alka at 15:34
nice site. f..
by Jordan at 03:08
nice site. f..
by Jordan at 02:33
nice site. f..
by Jordan at 02:23
これはすごい体力向上です..
by peet at 08:35
最新のトラックバック
図書館から借りてきた本
from フリーターが語る渡り奉公人事情
これから読む本
from フリーターが語る渡り奉公人事情
闇の仕事ーー脱開発主義
from フリーターが語る渡り奉公人事情
2冊の新書ーー流動性のな..
from フリーターが語る渡り奉公人事情
ご都合主義の格差社会論
from 雑誌定期購読!!雑誌いろいろ..
OFFについての覚書ーー..
from フリーターが語る渡り奉公人事情
プレカリアート・オフ!ー..
from フリーターが語る渡り奉公人事情
鳥居徹也氏の詭弁に腹が立つ
from TNKソフトウェア
ジニ指数って、ちょっと問..
from 役立つ情報のジオログ
下流社会 / 三浦 展
from アマオケ_ホルン日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧