ANOTHER BRICK IN THE WALL

おいおい

例の奈良県の少年補導条例に関係してくるかなと思って、竹花豊「子どもたちを救おう」を買ったんだけどね、本の帯見て、「はぁっ?」と思ったよ。

石原慎太郎の「広島の暴走族に体を張って対峙し、東京都の治安回復に軌道にのせた男。その強い意志と情熱がみなぎっている」っていうコメントは想定内。
問題は、玄田有史の「大人たちが『本気』になってくれることを子どもと若者は待っているのだ」というコメント。もうね、あきれて物が言えないね。やっぱり、この人、子どもや若者の「主体性」ってのを認める気ないらしい。

子どもたちを救おう
竹花 豊 / 幻冬舎
ISBN : 4344007956


*参考
「子どもたちを救おう」の目次
1 君たちに幸せな一生を送ってもらいたい
2 罪を犯した少年にどのように向かい合うか
3 壊れた家庭の子どもたち
4 学校の可能性を広げよう
5 子どもに良くない環境を改善する
6 万引きに目くじらをたてる
7 溶解する社会から子どもを守ろう
8 社会を築く大人に育ってほしい
9 大人の責任を果たすために

おやじ日本」の竹花豊の人となり「こういう親でありたい 」も参照

一部発言(妄言)を引用
④ 携帯電話の害悪については、皆さんよくご承知だと思いますが、出会い系サイトは、最たるもので、私どもが検挙する年間1500、1600名の児童買春事件のほぼ半数は携帯電話がきっかけになっています。携帯は子どもたちには負の要素が多すぎると思います。できるだけ子どもに持たせるべきでなく、仮に持たせるとしてもフィルタリング機能の付いたものか、インターネットのできない通話機能だけのものにした方が良いと思います。
 ⑤ ゲームをやらせすぎないことです。寝屋川の17歳の少年の事件では、ゲームが心に与える影響について指摘されています。ゲームは、子どもの心に与える影響という意味で麻薬同然だとの指摘も出てきています。ゲームそのものを存在悪とは思いませんが、面白すぎるゲームの問題に子供がのめりこむことで、たとえば、人間関係を築く力を育てる上での悪影響が生じないか、それををどう防ぐかなどについて、行政による規制や制作側の自主規制だけでなく、大人社会全体が子どもにゲームをやらせ過ぎないようにする責任があります。内容についてそれが暴力やわいせつを賛美、容認するようなものであればなおさらです。



4/30追記
買うだけ買って、まだ読んでません・・・けどTB。内容に不備があれば直ます。
[PR]
by coma79 | 2006-04-06 21:55
<< うーん 本田氏による山田昌弘「希望格差... >>



「要するにそういうこと(死球)があれば、命をかけてマウンドに走り、そいつを倒したい」by清原
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
askjolene[ur..
by dore at 21:09
curlyhairsty..
by mocha at 16:05
pageanthairs..
by john at 14:10
hi people
by manolo at 15:47
what is goin..
by Alka at 15:34
nice site. f..
by Jordan at 03:08
nice site. f..
by Jordan at 02:33
nice site. f..
by Jordan at 02:23
これはすごい体力向上です..
by peet at 08:35
最新のトラックバック
図書館から借りてきた本
from フリーターが語る渡り奉公人事情
これから読む本
from フリーターが語る渡り奉公人事情
闇の仕事ーー脱開発主義
from フリーターが語る渡り奉公人事情
2冊の新書ーー流動性のな..
from フリーターが語る渡り奉公人事情
ご都合主義の格差社会論
from 雑誌定期購読!!雑誌いろいろ..
OFFについての覚書ーー..
from フリーターが語る渡り奉公人事情
プレカリアート・オフ!ー..
from フリーターが語る渡り奉公人事情
鳥居徹也氏の詭弁に腹が立つ
from TNKソフトウェア
ジニ指数って、ちょっと問..
from 役立つ情報のジオログ
下流社会 / 三浦 展
from アマオケ_ホルン日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧